不動産投資・不動産のコンサルティングに強い税理士/経営革新等支援機関の野末公認会計士・税理士事務所にお任せください。

不動産の法人化、不動産投資の税務アドバイスに強い!

野末公認会計士・税理士事務所

東京都中央区の会社設立・創業融資・不動産賃貸に強い税理士事務所です。

受付時間:9:30~18:00 (面談は平日19:30まで対応)
東日本橋駅、馬喰町駅、浅草橋駅 徒歩5分

相談受付中

どうぞお気軽に!

お気軽にお問合せください

03-6384-7402

今月のコラム

財産調査と納税通知書

相続と財産調査

誰かが亡くなり相続が発生したときや遺言を作成するときなど、「相続」を考える際には財産の調査をしなければなりません。預貯金や不動産、株、保険など財産はさまざまですが、今回は不動産の調査方法について考えます。

 

不動産の財産調査方法

不動産の財産調査方法
どのような不動産を持っていたのかを調べる際は、たとえば次のような資料が参考になります。
(1)固定資産税の納税通知書(課税明細書)
(2)登記済証(権利証)・登記識別情報
(3)名寄帳
このうち、(1)(2)は自宅にあるもの、(3)は市区町村役場で取れるものです。
多くの場合、不動産には固定資産税がかかりますので、毎年市区町村役場から送付される(1)固定資産税の納税通知書は比較的目にすることが多く、不動産を特定する足掛かりになります。

 

納税通知書の注意点

ここで注意したいのが、この納税通知書に載るのはあくまで「課税されている不動産」だけであるということです。認識している不動産が自宅の土地と建物しかない場合、納税通知書だけを確認すればよいと考えがちですが、そうすると課税対象ではない道路などを見落としてしまうことがあります。せっかく遺言で相続の準備をしたり、遺産分割を取りまとめて協議書を作成しても、一部の非課税不動産を見落として作成してしまうと、相続紛争の原因になったり、相続した不動産を売却するのが難しくなったりすることもあるため、注意が必要です。

財産調査は慎重に

(2)はいわゆる不動産の権利証のことですが、これも紛失している場合には不動産を特定することができません。そこで登場するのが(3)の名寄帳(なよせちょう)です。これは、市区町村役場にある所有者ごとの不動産を、非課税不動産も含めて一覧にしたもので、自治体により「資産明細」「課税台帳の写し」など呼び方はさまざまです。現在の住所地や過去住んでいた場所、本籍地など、可能性のある市区町村役場で名寄帳を取ることで、所有していた不動産を確認することができます。少し手間ではありますが、財産の調査は慎重に行うことが肝要です。

 

今月の税務トピック

手遅れにならないためにも、お早めのご相談が重要です!

お電話やメールでのご相談は無料で承りますので、下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6384-7402

受付時間:9:30~18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

その他のメニュー

当事務所の概要について説明しております。

当事務所の代表の挨拶を掲載しております。

ご相談の予約方法について説明しております。

代表紹介

代表の公認会計士・税理士の野末 和宏です。
会社設立、不動産、資産管理法人に強い会計事務所です。

不動産オーナー向けの本を出版しました。

03-6384-7402

詳細はこちら

アクセス

03-6384-7402

住所

〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2階

東日本橋駅 徒歩5分
浅草橋駅 徒歩6分

営業時間

9:30~18:00

メールフォームでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜・日曜・祝日

平日夜間のご面談も承ります。

お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

初回体験相談実施中!!

03-6384-7402

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。